3dプリンターのレンタルにかかる料金は?

3dプリンターは、金型やモックアップを作るのに便利な機器です。通常のプリンターの場合は、用紙にパソコンなどで作った文書や画像のデータを印刷するのに使われますが、3dプリンターでは、3Dデータから立体物を作るといった事に使われます。生産の現場では、より効率的に製品作りが出来る環境が求められています。3dプリンターを導入する事で、効率化を実現出来る可能性が高まってきます。3dプリンターを導入する方法は、購入するだけではありません。レンタル業者から借りる事も可能ですので、費用と貸し出し期間を確認して活用していけば、コストを最小限に抑えられます。レンタル業者は、国内で増加傾向にありますので、最も用途に合った業者を選ぶ事が大切になってきます。

料金で選ぶ3dプリンターレンタル業者

3dプリンターを導入する場合、レンタルサービスを使えば、安く導入する事が出来ます。レンタルサービスでは、様々なメーカーの機種が揃っており、これらから、用途にマッチした機種を借りる事が可能です。3dプリンターを借りるには、料金を知る必要があります。機器をレンタルする場合は、1ヶ月から3ヶ月の利用で月10万円以上の料金になるのが一般的です。より安く使いたい場合には、出力代行サービスを使うのも有効です。このサービスを使った場合、一回当たり千円半ばから立体物の生成を行なってくれます。但し、何十回も試行したい場合には、この方法よりも機器を借りた方が安くなるケースもありますので、ケース毎に使い分けていく事が大切です。安く利用する方法は、いくつかありますので、企業は都合の良い方法を選択出来ます。

3dプリンターを使った立体物の活用

レンタルサービスを使う事で、1ヶ月から3ヶ月の間、プリンターを使って、様々な試行錯誤を行えます。モックアップを作成する手間と時間を省く事で、工程を減らし、なおかつ、イメージに近い製品を作っていく可能性を広げてくれます。金型は、使用する樹脂などによって、作れる物と作れない物に分かれてきますが、立体物を作る際には、作る事が出来る素材に合わせて金型を生成していけば、製造の現場で活用する事ができ、金型生成の工程に掛かる時間を大幅に短縮する事が出来ます。レンタルサービスは、購入するよりも遥かに安く済みますが、借りられる期間が決まっていますので、効率良く作業を進めていく事が重要になってきます。複数の業者を比較検討していく事で、プリンターを安く借りられるようになります。