営業研修というものの種類を紹介

職種別、階級別に行う研修の目的は、それぞれのポジションに見合った能力を身に着けることです。研修は多く分けると、階層別と職種別の2種類です。大企業であれば、さらに小分けしてロジカルシンキングやリーダーシップというようなテーマごとの研修が用意されていることもあります。階層別の研修は、簡単に分類すると新入社員、主任級、課長級や部長級というように経歴や実務により変わる研修で、職種別というのは、事務職、接客業、営業職といった内容の違いごとの研修です。今回はこの営業研修の種類を紹介していきたいと思います。まず営業研修では、どのように売り上げを作るか、売る上げを伸ばす方法というのを学びます、営業は物やサービスを売り込むためのコミュニケーション能力や話術、聞く力が非常に重要です。

グループワークやロールプレイングで営業の基礎を学ぶ

営業研修として、話術やアポイントメントの取り方、ビジネスマナー、飛び込み営業の仕方などをロールプレイングやグループワークで習得し、その後実地訓練として先輩社員や上司に同行して営業の現場を見聞きすることは良い研修です。あらかじめグループワークで研修しておけば、先輩社員との同行で別の視点で営業の仕方を学ぶことができ、独り立ちできる日も早まることになります。人と会社の関係性や取引先との距離感などを学ぶことで、売り上げを作っていく事につなげることができるでしょう。研修は社外で2泊3日などの予定で施設に宿泊する場合が多くみられます。こういった研修を行う理由は、オフィス外での、普段の業務とは別の視点で物事を考えることができるためです。場所を変えて新しい刺激を与えることで、自身のあるべき姿を見つめなおすチャンスを作れます。

非日常の宿泊研修でクリエイティビティを向上させる

宿泊を含む研修となると、費用も大きくかかってきます。しかしそれ以上のものを培うことができます。施設で宿泊の営業研修を行うことで、クリエイティブ性を格段に向上させることができるのです。尚、営業職の研修であっても、技術的なことが必要な場合があります。自社の製品を営業しに行って、製品の使い方がわからないなんて有り得ないことですし、顧客からの専門的な質問にも難なく答えられるのも営業職の仕事です。営業研修と平行して、自社製品の技術研修では、実際に工場に入って作業工程を見たり、体験したりすることで習得したり、実際の基幹システムの使い方を習得したりする研修があります。IT化が進んでいる作今だからこそ、うまくツールを使いこなし、効率的に業務を行えるように必要な研修を定期的に行っていくことで、業績アップにつながっていくのです。