営業研修でこんなに社員の意識が変わる

営業研修とは営業力を高めるために実施する研修です。販売スキルや営業方法論など異なるテーマで学習し営業力を高めます。 また、営業研修は営業マンとしての基本について学ぶ新人研修もあれば、部下を育成することを目的としたマネージャー研修もあります。 目的は売上や業績を向上させ、会社に貢献できるように人材を育成することにあります。 また、研修を受けていない時は、自社の製品に自信がなくて製品の良さを伝えられない、という経験をすることも多いですが、営業研修を受けることで営業スキルも身に付き、顧客に対して自社製品やサービスのアピールポイントをわかりやすく伝えられるスキルや提案力が身に着けられておすすめです。また、顧客との円滑なコミュニケーションの図り方や交渉のためのテクニックなども合わせて身に着けることができます。

営業研修を行うと営業力が高まるって本当?営業研修のメリットとは?

営業研修は、ただ単に業績を上げることが目的ではなく、人材を継続的に育てることが重要になります。日本企業の営業は、長年、実際の業務の中で上司や先輩が後輩を指導する「OJT(On the Job Training)」というやり方が重視されていました。それに対して、職場外研修のOFF-JTは、社外の研修会などで、スポット的に行います。しかし近年、OFF-JTでも長期に渡るプログラムを組んで、一括して行う研修が、効果的であるとされるようになり多くの企業で取り入れられています。社外研修を行うと、専門機関に体系化された指導法を導入するため、効率的に短期間で営業力を強化することができるというメリットがあります。一方で、社外の営業研修では、世界レベルの営業方法を身につけることが出来た方がいいのでおすすめです。

営業研修で最も重要なのは社員のマインドを高めることです

営業研修では、営業のテクニックだけでなく、営業に求められるマインドを育てていきます。始めは、顧客の心を開かせるような姿勢を学びます。営業は、どんな時も親身になって顧客の気持ちと要望をスムーズに聞き出すように努める必要があります。顧客に好印象を与えるような挨拶や正しい名刺交換のやり方、顧客の誉め方などの、顧客の心を開かせるための様々な方法を身につけます。顧客の断る言葉を切り返して、購買意欲を喚起する話し方もロールプレイを繰り返し行うことで身につけます。営業研修を通して一度断られただけで簡単に諦めてしまわないマインドを、訓練を通して育てるのです。顧客の出す買い信号を逃さないで、確実に注文を手にするための決め手の言葉がけを体得します。興味や関心を惹起することで、お客様の心をつかんで離さないようにセールストークも身につけることが出来ておすすめです。