社員の育成に営業研修を取り入れてみませんか

営業という仕事はどんなものなのか、具体的に理解していますでしょうか。営業の仕事は自社の商品を売り込む事です。それはみなさん知っているでしょう。その仕事の目的は、自社の商品やサービスの魅力を多くの人たちに伝え、架け橋になる事です。一昔前までは、商品が売れればいいという考え方が主流でしたが、今はそれでは通用しません。顧客の抱える課題の解決方法を一緒に考え、提案するというのが、今の基本的なスタンスになっています。そして、営業に求められているものは、基本的に3つあります。ひとつは案件の受注と目標の達成です。二つ目は、新規顧客の開拓です。最後は、既存顧客との信頼関係の構築になります。これらが最低限出来ていれば、営業としてまず認められるでしょう。できる営業を育てる為の営業研修についても見ていきましょう。

営業の種類について見ていきます

営業研修の前に、まずは営業の種類について見ていきましょう。営業と一口に言いますが、その種類は大きく3つにわけられます。まずは既存営業です。既存の顧客に対して行なう営業の事で、顧客が抱える課題を解決に導く手助けをします。また、信頼関係を築く事で、別の顧客の紹介をしてもらえる事もあります。二つ目は、新規開拓営業です。文字通り、新規顧客を獲得する為の営業になります。難易度は高いものになります。最後は電話営業です。新規開拓営業のひとつでもありますが、とにかく電話をかけ続け、アポイントを獲得する事が役割になります。電話のみでセールストークをしなくてはならない為、トーク力や言葉の切り返しの素早さが大切になる、これも難しい営業になります。営業に求められるスキルは、人の話を聞く事や伝えるべき事をわかりやすく伝える事などがあります。

営業研修をする事について見ていきます

営業に求められるスキルは先述以外にも、相手を持ち上げるスキルや好印象を与える為の表情や行動、英会話能力や基本的なビジネスマナーが必要になります。こうして見てみると、さまざまなスキルが必要だという事がわかりますね。そういったスキルは、元々身についているものではありません。研修や経験を積んでいくにつれ、身について行くものです。ではまっさらな新人がどうやってそのスキルを身に着けていけばいいのかというと、手っ取り早いのが研修です。そう、そこで営業研修の出番なのです。経験を積むとなると時間もかかります。社会に出たばかりの人にいきなり仕事をしろと言っても、無理があります。その為、仕事の流れや対応、会社方針や商品の事など、仕事をする上で必要な事を一度基礎として叩き込みます。その上で実践していく事で、仕事の出来る営業を育てる事にもつながります。