3dプリンターをレンタルしてみる

3dプリンターをレンタルする為には、専門業者が提供するサービスを使う事になります。専門業者では、法人向けに3dプリンターを貸し出していますので、これを使う事で、格安で企業でも色々なモックアップを作成していく事が出来ます。将来的には製品を生産する為の手段として注目されている3dプリンターですが、現在では主に製品をイメージする為のモックアップの制作に使われるケースが多いです。しかし、従来よりも容易に短時間で模型を作成する事が出来ますので、製品を開発していく現場では大いに活躍してくれます。通常のプリンターのような間隔で3Dモデリングで作成したデータから立体物を作る事が出来ますので、3Dモデリング次第では、非常に色々な物を作成していく事が可能です。

レンタルに掛かる費用と借りられる日数

レンタルに掛かる費用や借りられる日数は、1ヶ月から数ヶ月までとなっており、往復の輸送費を含めて月10万円ぐらいで行なっている業者が多いです。プリンターと言っても、3dプリンターの場合、それなりの重量と大きさがあり、購入すれば、20万円以上しますので、レンタルサービスは安く使いたいといった企業のニーズに応えるのに適しています。1ヶ月から3ヶ月借りられますので、モックアップ作成の為に使うのには十分な時間がありますので、色々と試作品を作っていくのが良いです。将来的に3dプリンターを導入する予定であるなら、レンタルサービスで借りて、機能や性能を確認しておけば、購入の参考になってくるでしょう。レンタル業者によって、取り扱っている製品が異なっていますので、利用したい機種を所有している業者を選ぶべきです。

3dプリンターに必要なデータ作り

3dプリンターで立体物を出力する為には、データが必要になってきます。通常のプリンターでも、文書や写真や動画などのデータを用意しますが、3dプリンターでは3Dデータを用意しておきます。この時、立体物が作りやすいようなデータを用意しておく必要があり、プリンターの性能に合わせてデータを作成していけば、効率的に立体物を作っていく事が出来ます。レンタルした3dプリンターでも、3Dデータを用意しておけば、立体物を作っていく事が出来るようになっています。現在発売されている製品は、作成出来る物に限界がありますが、通常のプリンターとは違って、立体物を作る事が出来ますので、商品開発の現場で直ぐにモックアップが欲しい場合において重宝する製品となっています。仕上がりを高める為には、3Dデータの出来が鍵を握ります。

3Dプリンター導入~運用までトータルでサポート。日本一の保有台数と運用実績を誇っています。 日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラー。 100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 金属3Dプリントをはじめ、光造形・粉末造形に関してもご相談下さい。 注型や鋳造、切削など併用し、そのまま機能評価試験に使用可能な「試験モデル」を納めることが可能です。 3dプリンター レンタルは【SOLIZE Products】